走りさわやか・・・・

光タクシー株式会社

浜松でタクシーをお探しの方はぜひ「光タクシー株式会社」を
ご利用下さい。

お電話一本迅速対応

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問合せください

053-453-4181

スタッフブログ

松山バレエ団様(2022.5.16)

 光タクシー・総務の平野です。

 5月12日の木曜日「松山バレエ団」様から当社のタクシーの車内広告のお話をいただきました。

 5月28日(土)に浜松のアクトシティにて松山バレエ団様による「ロミオとジュリエット(スペシャルバージョン)」の公演があるとのことで、その公演の広告掲出依頼です。お電話口で「再来週の公演なので、すぐに車両にセットして欲しいです!」とのご要望をうけましたので、お電話の後にすぐ見積書をお送りし、その日のうちに宅急便でチラシを発送していただけました。

 タクシー車内に広告を持ち帰り可能な状態で積むには、A3の広告でしたら三つ折りにしてパンフレットケースにセットするのですが、その旨をお伝えすると、広告が到着してすぐ車両にセットできるようにと、松山バレエ団様にてチラシを三つ折りにしてくださいました。翌日、13日のお昼前に到着したので松山バレエ団様の熱意に応えるべく、すぐに本社の待機車両にセットし、帰庫してくる車両を捕まえて随時セットしていきました。

 広告をセットして思いましたが、アーティスティックな広告っていいですね。車内に落ち着いた雰囲気が漂います。

遅きに失す(2022.4.28)

 光タクシー・採用担当の松下でございます。

 3年ぶりの浜松まつりが開催されることとなりました。昨年、一昨年の事がございますので今年も直前までどうなることかと危惧しておりましたが無事に開催される事となりました。

 そうなりますと三日、四日、五日に凧場のタクシー乗り場に集合する運転手さん達に毎年恒例の「お弁当」を用意しなくてはなりません。早速、遠鉄百貨店様の地下の食品コーナーに行き、毎年運転手さんから好評をいただいている「おこわ」を購入しようとしますと、

「ゴールデンウイークは注文がすでに一杯で・・・。」

という返答をいただきました。当日まで一週間もありませんから無理もありません。どうしようかと思っていると、隣に「古市庵」様という感じの良いオニギリを扱っているお店がありましたので、そちらに頼んでみることに。

「五月四日に五十!? ですか・・・、ちょっとお待ちください。」

 一週間切っている中での大口の注文に驚かれつつも、奥の厨房に聞いてくださり、大丈夫ですというお返事をいただきました。さて、三日と五日ですが、こちらも毎年お願いしている「自笑亭」様にお願いすべく神田町にあります自笑亭様の本社へ。一週間切っている中での大口の注文にどう答えてくれるかとドキドキしてくれましたが、すんなりOKをいただきました。さすが大口注文を専業にしているところは違いますね。

 最後にホームセンターでお茶と袋(お弁当を入れる袋はレジ袋有料化の波で有料になってしまいました)を購入し、浜松まつりのお弁当の準備は万端でございます。

8日をもって終了!(2022.3.9)

 光タクシー・総務の平野です。

 先月のブログで「auPAY」「楽天Edy」の30%還元キャンペーンは「まん防」明けまで延期ではないかと書きましたが、当初の予定通りに決行され、3月1日からは「d払い」の30%還元キャンペーンもスタート。3つとも3月20日まで30%還元という話でしたが、多くの方が利用され予算額に到達したとのことで、二週間近く前倒しして、昨日、8日をもって終了となりました。

 10,000円で13,000円分の買い物ができ、しかも上記キャッシュレスを設置している浜松市内のほとんどのお店が対象だとすれば、ここぞとばかりに爆買いした人もいるでしょうし、キャンペーンを知らず普段の買い物でいつも通り「d払い」で買い物したら凄いポイントがついてた! って方や、出張でたまたま当社のタクシーに乗って「auPAY」でお支払いをしたら、なぜか凄いポイントがついてる! って方もいたでしょう。

 施策としては数年前の「家康君商品券(10,000円で12,000円分の商品券が購入できる)」と似ていますが、印刷や販売方法の考案・準備、対象店舗への説明、精算業務等の手間やそれに伴う経費を考えたら、キャッシュレス事業者に丸投げしてしまったほうが遥かに楽、かつそれに伴う事務経費も低くおさえられ、その分を還元にまわせますから、今後も、家康君商品券のような紙クーポンではなく、キャッシュレス還元による消費喚起が主になっていくのでしょう。

血を吐きながら続ける悲しいマラソン(2022.2.11)

 光タクシー・総務の平野です。

 今月20日まで静岡県は「まん延防止等重点措置」が発令されていますが、昨日の報道を見ると、さらに3週間延長になりそうです。

 どうやら新型コロナウィルスのオミクロン株の変異株も出現しているようで、感染者数の増加は予断を許さないところではありますが、「まん延防止等重点措置」はタクシーの営業にとっては死活問題です。

 浜松市は「まん防」明けの2月21日から「auPAY」「楽天Edy」のポイント30%還元キャンペーンをはじめる予定だったようですが、「まん防」延長ならそれも延期でしょう。「緊急事態宣言が明ければ」「まん防が明ければ」幾たび希望を抱いては、ことごとく打ち砕かれ、虚無感に襲われてきたことか。

 タクシーの某業界団体の方は昨年の今頃「え? この先もコロナで大変ですって? いやいや夏になればワクチンの接種も進んでコロナも収まるから、大丈夫だと思いますよ」と軽く言ってくださいましたが、その夏から半年たった今冬もこの有様ですよ。

 「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」

 ウルトラセブンの26話「超兵器R1号」(ギエロン星獣がでてくる話)でモロボシダンが終わりない軍拡を揶揄して言った言葉ですが、ゴールが見えない中を走り続けるのを2年近く続けるのは辛いです。

金を失う(2022.1.26)

 浜松駅の北口・南口のタクシー乗り場の関係でJR東海様と書類のやりとりをする事がある。JR東海様は正式名称が東海旅客鉄道株式会社になるので書類の宛名は正式名称で書くのだけど、葬儀屋の頃、「東海旅客鉄道株式会社」の「鉄」の字は「金失」でなく「金矢」で表記することがあるから、お供え物の注文を受けたときは注意して! と言われたことがある。金を失うは縁起が悪いので「金矢」とするそうだ。

 実際のところ「金矢」の字でお供え物の注文をうけたことはなく、現在、JR様とのやりとで、JR様からいただく書類も「鉄」の字を使っているので、「金矢」は民営化してしばらくの話だろうと思っていたが、ネットで調べてみるとロゴ等では「金矢」を使っているところがあるよう(基本は「JR東海」のロゴ)。

あえて封筒の宛名に「金矢」を使ってみるのも面白いが、スノッブ野郎と思われるか。

文責・運行管理者 碑文谷

まん延防止措置再び(2022.1.21)

 光タクシー総務の平野です。

 昨日は心が折れそうになりました。昨年末に休業全解除して、やっと我慢の時が終わったか! と思っていましたらオミクロン株の爆発的感染拡大により、静岡県も遅ればせながら「まん延防止等重点措置」を要請する事に。ここ一週間、日ごとに昼の仕事も夜の仕事も減ってきていましたが、ここにきてトドメを刺された具合です。こうなってしまうと打つ手がありません。新しい事も色々考えていたのですが、それらの実現も遠のいてしまいました・・・。

 来週以降、再び乗務員さん達を休業させることになりました。いつこの暗闇から抜け出ることができるのか・・・。

まさに迎春(2022.1.1)

 明けましておめでとうございます。

 光タクシー採用担当の松下でございます。

 今年も毎年恒例の年頭式を執り行いました。私、光タクシーに入社いたしまして、もうじき十年ですが、不思議と年頭式の時間帯は雨に降られることも、強風にさらされる事もないのですよね。

 思い返せば、昨年の年頭式はコロナ禍真っ只中でございましたので、半分近くの従業員が休業をしておりまして、今年一年は我慢の年だな・・・と思っておりました。ですが、今年は全従業員の休業を解除して、この日に臨むことができました。まさに「迎春」でございます。

 昨年の雌伏を経て、今年は雄飛の年にしたいものです。