走りさわやか・・・・

光タクシー株式会社

浜松でタクシーをお探しの方はぜひ「光タクシー株式会社」を
ご利用下さい。

お電話一本迅速対応

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問合せください

053-453-4181

スタッフブログ

飲食品のタクシー輸送(2020.9.14)

 光タクシー・総務の平野です。

 コロナ禍において、特例的に認められていたタクシーによる飲食品の輸送(物のみの輸送は貨物輸送にあたるため、旅客であるタクシーでは特殊なパターンを除き認められていない)ですが、10月1日より制度化されることになりました。

 飲食品の輸送を行うためには貨物事業を始めるような申請が必要(とはいえ、すでにタクシー事業をおこなっているので営業車の情報等ほとんどの書類は省略できるのですが)となっており、貨物の運行管理者、もしくは貨物の基礎講習を受けた者が必要になってくるようです。

 飲食品の輸送を行うタクシー事業者が増えてくると、旅客の運行管理者試験に貨物の要素がはいってきたり、旅客と貨物のハイブリット運行管理者資格がつくられたりするかもしれません。

 旅客の運行管理者を目指している人は早いうちに資格を取得し、可能ならば貨物の運行管理者資格を取っておいた方がよいかもしれませんね。

運行管理者試験の話(2020.8.20)

配車室、尾髙です。

浜松では新型コロナのクラスターが複数発生し、しかも歴代最高タイ41.1℃という猛暑を記録、より一層の体調管理が必要となっております。

このような中、8/23(日)には国家試験である運行管理者試験が行われます。

尾髙がこの資格を取ったのは平成22年のことなので、今年でちょうど10年が経過しました。

この10年間で、度重なる観光バスの重大事故があった為か試験の難易度はだいぶ高くなってしまっているようです。

しかし、お客様の命を預かって乗務し、更にそれを管理する立場として必須な資格ならば、難易度は高くあって然るべきではないでしょうか。

先行きの見通せない情勢ではありますが、未来のタクシー業界を担っていく人材の方々には、どうか確固たる自覚と信念を持って試験に臨んでもらいたいと思います。

飛沫防止シート(2020.8.14)

 光タクシー・採用担当の松下でございます。

 当社ではコロナウィルス感染対策といたしまして、タクシー車内に、乗務員を覆うような形の飛沫防止シートを順次設置させていただいております。

 また、次亜塩素酸の殺菌スプレーを各乗務員にもたせ、車内の消毒を随時行っております。

 暑い日が続いておりますので、熱中症を防ぐためにも、是非タクシーを御利用ください。近距離も勿論歓迎でございます。

雇用調整助成金の特例措置、来年まで?(2020.8.10)

 光タクシー、総務の平野です。

 現在、雇用調整助成金の特例措置を使い、なんとか休業している従業員さんの休業手当を支払っている状態ですが、現在のところ、この特例措置が適用されるのは9月末(当社の場合は締日が15日締なので10月15日まで)とのことで、先日の浜松の繁華街でのクラスター発生に伴う、夜のタクシー需要が激減により、10月15日までに全員の休業を解除できるのか? と心配していました。しかし、先週のニュースによると、どうやら年末まで特例措置が延長されるという方向で政府は動いているとのことでした。

 さらには来年3月末まで延長する案もでているとか・・・。休業者に対する補償ができるので安心できる面もありますが、来年の3月末までは各産業どうなるかわからないという事なのかと思うと、不安な面もあります。

クラスター発生(2020.7.27)

 光タクシー、総務の平野です。

 先週末、浜松の繁華街でコロナのクラスターが発生したというニュースがありました。

 丁度、23、24、25、26日は連休でしたが、コロナのクラスター発生のニュースが流れると、当然のことながら繁華街から人影がひいてしまい、それに伴い繁華街頼頼みのところがある夜の売上は壊滅状態になってしまいました。浜松は3月の終わりにに数名のコロナ患者が発生して以来、感染者がでておらず、緊急事態宣言が解除されてて以降、繁華街には客足が徐々に戻りつつあったので、今まで週末のみの出勤としていいた夜勤専従のタクシー乗務員さんの休業を解除した矢先でした。再び夜勤専従の乗務員さん達には休業をお願いすることになりそうです。

浜松の日(2020.7.1)

 光タクシー、採用担当の松下でございます。

 本日、久しぶりに浜松城を訪ねてみましたら、こんな看板がでておりました。

「本日は市制記念日につき無料開放となります。ごゆっくりご覧ください。」

 本日、7月1日は浜松市の市制記念日だったようです。恥ずかしながら、私、存じ上げませんでした。

 また、浜松城は本年で築城450年をむかえるそうでございます。ということは、1570年に築城されたということになりますので、三方ヶ原の戦い(1573年)の頃は、浜松城はできたばかりだったということになります。てっきり家康が浜松に入ってからすぐに作ったものかと勝手に思っておりましたが、ちょっと違ったようです。

雇用調整助成金(2020.6.4)

 光タクシー、総務の平野です。

 雇用調整助成金の初回申請を行いました(4月15日締の給与分)。

 メディアでも度々取り上げられますが、制度を利用するには膨大な資料、書類を用意せねばならず準備するのが一苦労でした。

 また、資料を用意している段階で、特例により(申請を簡便にするため)必要な書類に変更が生じる等もあり、「この書類はつくらなくてよかったのか・・・」みたいな事もたびたびありました。

 今月分も申請することになりますが、初回の申請程大変ではないので、給料の計算が終わったら早めに取り組むことにいたします。

休業手当(2020.5.28)

 光タクシー、総務の平野です。

 本日、5月分の給与を支給いたしました。

 当社の給料は算定期間が16日~翌15日、給料の支払日が当月28日となっています。

 先月の4月15日締の時点ではパート従業員を休業にしていましたが、今回はパート従業員に加え正規従業員の多くを休業させています。

 休業手当は法律上、平均賃金額の6割以上となっていますが、メディアでも報道されているとおり、平均賃金額の6割ですと普段の支給額3分の1程度の給与になってしまいます。

 さすがにこれでは・・・という事で、今月は1月~3月の総支給額の合計を1月~3月の出勤日数で割った金額の75%で休業手当を算出するようにいたしました(平均賃金額の約1.13増)。会社も厳しいですが従業員の助けに少しでもなればという措置です。

 また、コロナ感染のリスクの中、休業させずにタクシー運行業務にあたってもらっている従業員には、普段の給与とは別に見舞金等を用意していこうかと思っています。

清掃は念入りに(2020.5.19)

 外出自粛の影響で仕事が激減しているタクシーですが、お得意様から明日のジャンボタクシーの仕事をちょうだいしました。

 ジャンボタクシーは10人の乗り(お客様は9名)のタクシーで、車体が大きいため、乗務する乗務員を限定しており、事前に予約が入っている場合、前日には担当乗務員に連絡をいれておきます。

 明日のジャンボの担当乗務員は本日は通常勤務なのですが、仕事が少ないため、本社での待機を兼ねて、明日使うジャンボタクシーの清掃を念入りに行っていました。

 当乗務員に限らず、当社には時間がある時は念入りに清掃や、消毒等を行っているストイックな乗務員が大勢おります。私も彼らを見習って今できることを考えて、精いっぱい行っていきたいです。

文責・運行管理者 碑文谷

解除初日の話(2020.5.7)

配車室、尾髙です。

 

浜松市では、一部の飲食店等の休業要請が解除されました

休業要請の最終日、夜間のタクシー需要は惨々たる状況でしたが

解除初日となった5/7は、昼夜ともお客様からのご注文電話が

やや回復したように感じられました。

 

弊社では4月以降、段階的に従業員の出勤を減らしておりますが

今後の需要の回復傾向によって、少しずつ乗務員を復帰させ

お客様からの需要にお応え出来る環境を再構築していかなくては、と

考えております。

 

今後とも弊社タクシーを

宜しくお願い致します。

休業要請の解除の話(2020.5.6)

光タクシー配車室の尾髙です。

 

弊職の担当している時間帯は19:00~翌朝7:00なんですが

弊社ブログの筆者の皆さんは昼間の勤務でいらっしゃるので

たまには”深夜目線”のブログもありかな?ってことで参加させて頂きました

宜しくお願い致します。

 

とは言え、コロナ禍の真っ只中

深夜のタクシー需要は壊滅状態・・・

浜松市では、5月7日から休業要請が解除されるとの事で

SNS上でも賛否両論があるようです

我々タクシー業界にとっても、1日も早い収束と景気の回復を切望する一方

現場に出ている乗務員さん達の感染リスクへの懸念は未だ拭えず

現段階では、一概に良し悪しを判断することは難しいかな、と。

 

今後の推移を注意深く見守っていきつつ

今後とも、3密を避けるソーシャルディスタンス

そして乗務員さん達の健康管理に細心の注意を払ってまいります。

スタッフブログ・月別アーカイブ
(2020年1月 ~ 2020年4月)